SBINFT株式会社、株式会社ローソンエンタテインメントと提携し、「LAWSON TICKET NFT」を2022年春より提供開始!

sbi nft

電子チケットを記念品としてNFT化し、保管が可能に

パブリックチェーンによるNFTマーケットプレイスを運営するSBINFT株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:高 長徳)は、株式会社ローソンエンタテインメント(本社所在地:東京都品川区、代表取締役:渡辺 章仁、以下 ローソンエンタテインメント)と提携し、ローソンエンタテインメントが運営するローソンチケットにて、2022年春よりブロックチェーン技術を活用したNFTサービス「LAWSON TICKET NFT」の提供を開始いたします。

「LAWSON TICKET NFT」は、SBINFT株式会社の協力のもと、ブロックチェーン技術を活用したNFT(Non-fungible Token:非代替性トークン)サービスの1つとして、ローソンチケットで販売しているコンサート・スポーツ・演劇などのイベントチケットを保管可能な記念チケットNFTとして販売するサービスです。2022年春に提供を開始する予定です。

NFT(Non-fungible Token:非代替性トークン)とは、ブロックチェーン上に記録される代替不可能なデータ単位のことであり、「偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ」として唯一性を証明することができます。

近年はチケットのデジタル化が加速しており、高い利便性に好評を得る一方、「思い入れのあるイベントチケットは記念に手元に残しておきたい」というお声が多く上がっていました。

このようなご期待を受けて生まれた「LAWSON TICKET NFT」は、ローソンチケットが扱うコンサート・スポーツ・演劇などの各種イベントチケットをNFT化し、デジタルデータとして記録することができるサービスです。NFT化したチケットには、希少性の高い画像や実際の会場の座席情報などが鮮明に記録されるため、イベント当日の思い出と共に”自分だけの、唯一の”記念チケットとしてお手元に残すことができます。

【「LAWSON TICKET NFT」サービス概要】​
■サービス名称:「LAWSON TICKET NFT」(ローソンチケット エヌエフティ―)
■サービス詳細:https://l-tike.com/lawsonticket-nft/
■サービス提供開始:2022年春予定
■サービス内容:ブロックチェーン技術を活用したNFT(Non-fungible Token:非代替性トークン)サービスの1つとして、ローソンチケットで販売しているコンサート・スポーツ・演劇などのイベントチケットを保管可能な記念チケットNFTとして販売するサービス。

【ローソンチケット(ローチケ)】
https://l-tike.com/
ローソンチケット(ローチケ)とは、株式会社ローソンエンタテインメントが運営するチケット販売サービスです。
音楽・スポーツ・演劇・レジャー施設・映画等の各種イベントチケットを取り扱っており、全国のローソンやミニストップ約15,000店舗の店頭で365日/24時間、チケットの発券サービスを展開しています。

【SBINFT株式会社】
パブリックチェーンによるNFTマーケットプレイス運営するSBINFT株式会社は、DAO(非中央集権)化されたエコシステムの構築を掲げ、NFTマーケットプレイスを中心とするビジネスモデルに留まらず、Web3.0を牽引するような新規ビジネス創出を目指し、ブロックチェーンなどの先進技術の活用や外部パートナーとの連携強化を図っています。

会  社  名 : SBINFT株式会社
所  在  地 : 東京都港区六本木一丁目6番1号 泉ガーデンタワー
代  表  者 : 代表取締役 高長徳
取引銀行:住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行加盟団体:日本ブロックチェーン協会(JBA)、ブロックチェーン推進協会(BCCC)
コーポレートサイト : https://sbinft.co.jp/


プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000013931.html
画像:PRTIMES、SBINFT

編集部のおすすめ記事

新着記事