東大発3DアルゴリズムベンチャーSapeet、NFTを活用したファッションのデジタル展示会の高度化に向けた経済産業省の実証事業に3DCG技術を提供

Sapeet01

株式会社Sapeet(本社:東京都文京区、代表取締役:築山英治、以下 Sapeet)は、スタートバーン株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:施井泰平、以下 スタートバーン)が開催するNFTを活用したファッション展示会「SIZELESS TWIN(サイズレス・ツイン)」において、3DCGデータ企画・制作を支援いたします。

本展示会は、2022年3月4日(金)〜13日(日)、PARCEL(パーセル、東京都日本橋馬喰町)を主会場に開催されます。ANREALAGE(アンリアレイジ)やTOMO KOIZUMI(トモ コイズミ)など5つのファッションブランドが提供するオートクチュール作品を、NFT(ブロックチェーン証明書)を活用することで、販売内容の多様化および長期的な作品管理とブランド・デザイナーへの収益還元実現を目指す、という新たな取り組みです。

今回の取り組みの背景と概要

 スタートバーンは、経済産業省が公募を行った令和3年度「展示会等のイベント産業高度化推進事業(展示会等における流通・取引の高度化実証事業)」を実施する委託先として採択され、実証事業の一つとして、NFTを活用したファッション展示会「SIZELESS TWIN」の開催に至りました。
 従来ファッションブランドにおいて、特にオートクチュールといった1点ものの商品に関して、ブランドやデザイナーの収益は実物作品の販売でしか得られず、さらに購買層も限定的なため、収益源が限られるという課題がありました。

 本展示会では、実物作品をもとにSapeetが生成した3DCGデータそれぞれにスタートバーンが構築するブロックチェーンインフラ「Startrail(スタートレイル)」のNFT(ブロックチェーン証明書)を発行し、NFTマーケットプレイスにて販売します。合わせて、上記3DCGデータを自身のポートレート写真に合成させた画像データも販売し、それぞれにNFTを発行します。

 本取り組みにより、販売内容の多様化、および長期的な作品管理とブランドやデザイナーへの収益還元が実現されます。
 また、ファッション分野において3D技術が浸透することは、商品企画時のサンプル制作業務の削減や、大量在庫を抱えず、廃棄も出さない受注生産事業の実現につながり、サステナブル・SDGsの取り組みを加速する可能性が期待されています。
 Sapeetは、従来よりアパレル企業様の技術パートナーとして、「3Dデータを活用した受注生産ブランド立ち上げ」「3Dデジタルカタログツールの開発による営業支援」「デジタルストアオープンに向けた企画構想〜開発支援」といった幅広いテーマにて最適な顧客体験の探索を続けてきました。今回は、培ってきたファッション向けの3D制作ノウハウを活かし、オートクチュールならではの独特な生地の質感やこまやかな刺繍、シルエットを忠実に表現し、デザインの世界観をバーチャル上でも再現することに成功しました。今後も本知見を活かし、NFT、メタバースといったファッション分野での先進事例における協業を進め、更に店舗DXや身体解析のAI提供等、アパレル業界の課題解決に広く貢献してまいります。
 

「SIZELESS TWIN(サイズレス・ツイン)」開催概要

・会期:2022年3⽉4⽇(金)〜3月13日(日)(※月曜、火曜は休み)
・時間:14:00 〜 19:00
・会場:DDD HOTEL(東京都中央区日本橋馬喰町2丁目2−1)、まるかビル(東京都中央区日本橋馬喰町2丁目2-14)
・主催:スタートバーン株式会社
・企画監修:株式会社アートダイナミクス
・出展:ANREALAGE、HIRUME、Masaya Kushino、TOMO KOIZUMI、YUIMA NAKAZATO
・協力:合同会社UNrealize、株式会社エージーディレクションズ、株式会社Psychic VR Lab、株式会社サイバーエージェント、株式会社Sapeet、Dentsu Lab Tokyo、Dentsu Craft Tokyo、NEORT株式会社、idiomorph(番匠カンナ)、ログズ株式会社
・宣伝美術:株式会社セミトランスペアレント・デザイン
・特設ウェブサイト:https://sizelesstwin.startbahn.io
※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う緊急事態宣言発令等により、会期・営業時間が前後する可能性がございます。予めご了承ください。
 

スタートバーン株式会社について

スタートバーンは世界中のアーティストそしてアートに関わる全ての人が必要とする技術を提供し、より豊かな社会の実現を目指す会社です。アート作品の信頼性や真正性の担保および価値継承を支えるブロックチェーンインフラ「Startrail」を構築しています。
https://startbahn.jp/

「Startrail(スタートレイル)」とは
アート作品の信頼性と真正性の担保ひいては価値継承を支えることを目指した、持続可能なブロックチェーンインフラです。展示・売買・蒐集・査定・保存・継承など様々な領域のステイクホルダーが存在する、アート業界固有のエコシステムを支えます。Startrailには、作品の来歴はもちろん、展示やオークションの履歴など、作品に関するさまざまな情報を永続的に記録できます。また、二次流通時の取引や利用について、アーティスト自身が事前に独自の作品規約を設定することが可能です。
https://startrail.io
 

株式会社Sapeetについて

Sapeetは、3DアルゴリズムとAI身体分析テクノロジーを強みとする東京大学発のスタートアップ企業です。独自の3D身体分析・可視化技術をわかりやすく使いやすいシステムとして提供し、ヘルスケア業界をはじめとする、身体に関わるサービス事業者様の販促や開発を支援しております。

会社名 :株式会社Sapeet(サピート)
グループ会社:株式会社PKSHA Technology
代表者名:代表取締役 築山 英治
所在地 :東京都文京区本郷2-35-10 本郷瀬川ビル4階
事業内容:
・3次元情報の取得と可視化、3Dデータ制作や画像生成、3Dに関連する新規事業や研究開発案件のコンサルティング&技術提供
・AI姿勢分析システム「シセイカルテ」の開発・運用
Sapeetコーポレートサイト:https://about.sapeet.com/


プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000026498.html
画像:PRTIMES

編集部のおすすめ記事

新着記事